ブログBLOG

SEARCH

【富士市】ヒートショック対策リフォーム!

築年数の長い一戸建ては、新築の家に比べて冬の寒さが厳しいのが悩みの種です。特に寒冷地などでは、冬の浴室やトイレが非常に寒かったり、深夜にトイレに行くときの廊下の寒さなどが辛く感じられたりするのではなでしょうか。

中でも、ご高齢のご家族がいる方にとっては、ヒートショックが心配だと思います。そこで今回は、ヒートショック対策におススメのリフォーム方法や費用についてご紹介していきます。ご自身やご実家のリフォームの際に、ぜひ参考にしてみてください。

ヒートショックの原因は温度差

ヒートショックとは、温度の急激な変化によって血圧が大きく上下し、血管や心臓に負担がかかる状態のことです。
冬場では、暖房で暖められた部屋から冷え切った浴室やトイレなどへ移動する際に引き起こす場合が多く、高齢者ほどその確率は高くなります。
そのため、ヒートショックの防止に重要になってくるのは、家の中の温度差を減らすことにあります。
できれば、家全体の気密性を上げる断熱リフォームが理想的ですが、予算などに都合がある場合は、最も危険性のある浴室やトイレのリフォームを優先させるのがおススメです。

ヒートショック予防・対策でおススメのリフォーム方法&費用

ヒートショック対策に効果があるリフォームには、いくつか方法があります。
ここでは、6つの具体的なリフォーム方法と費用の相場について紹介してきたいと思います。

①断熱材による断熱リフォーム

最初におススメしたいのは、天井・壁・床に断熱材を敷き詰めて外からの冷気の侵入を防ぐリフォームになります。
家全体に施工すれば各部屋の温度差が少なくなりますが、浴室やトイレに施工するだけでも、かなり効果を得られるでしょう。

断熱材リフォームの費用‥4千~3万円/㎡

②内窓などによる窓の断熱

一般的に温かい空気は冷たい空気があるほうへ流れていく性質があります。そのため、室内で暖められた空気は、窓を通して外へ逃げていってしまいます。
そこで「内窓(二重窓)」の設置や「断熱性能を持つガラス」への交換などのリフォームで、窓の断熱化を実施すると効果的です。
特に既存の窓の内側に設置できる「内窓」は、断熱性を確保しやすいうえ、工事も比較的簡単に行えるのです。

内窓を後付けする費用‥ 8~15万円/箇所
断熱ガラスに交換する費用‥ 5~15万円/箇所

③浴室を最新のユニットバスに変更

今お使いの浴室がタイル張りの在来工法の場合は、ユニットバスにリフォームすることで温かさが格段に違ってきます。
また、現在ユニットバスのご家庭でも築年数が経っている建物の場合、浴室の天井裏などに断熱材が施工されておらず、寒さ対策が不十分な可能性があるため、浴室全体のリフォームを検討すると良いと思います。

在来浴室をユニットバスにする費用‥ 65~150万円
ユニットバスを交換する費用‥ 50~150万円

特に断熱性が高く、ヒートショック対策に適しているメーカー品は
●クリナップ 「アクリアバス」
●TOTO 「サザナ」
●パナソニック 「リフォムス」
などが挙げられます。

④浴室暖房の設置

脱衣所で服を脱いで浴室に入ると、体はかなりの温度差に対応しなければなりません。
この温度差を少なくするために、浴室暖房でお風呂場を温めておくのをおススメします。
浴室暖房は後付けもできますが、ユニットバスをリフォームするなら一緒に設置すると尚良いでしょう。
基本的に乾燥機能が付いているものも多いため、雨の日の室内干しにも使えて便利です。

浴室暖房機の設置費用‥ 10~40万円

⑤トイレや洗面脱衣所にも暖房機を追加

浴室だけでく、服を着替える洗面脱衣所や、居室との温度差が激しいトイレにも暖房機があると安心です。
小部屋用の暖房機には、壁付けタイプのパネル型のヒーターなど、いろいろな種類があります。
また、トイレの場合は便座が冷えているとヒートショックを起こす可能性があるため、ウォシュレット(水洗浄便座)・暖房便器を活用するのも有効になります。

小型暖房機の設置費用‥ 洗面所5~8万円
ウォシュレットの設置費用‥ 2.5万円

予算の問題で暖房機の世知が難しいという場合は、脱衣所にコンセントを増設しておくだけでもいいですよ。
小型のヒーターを購入したときに電源として使えるので便利です

コンセントの増設費用 ‥5千~2万円

⑥リビングなどに床暖房を増設

足元からじんわりと温まる床暖房は、室温をそれほど上げなくても快適に過ごすことができます。
そのため、他の部署とも温度差が少なくなり、ヒートショックの危険性も軽減されます。
リビングはもちろん、可能であれば浴室やトイレなど、その階全体に施工できると理想的です。

床暖房の設置費用‥ 9~20万円/㎡

↓↓床暖房についての記事↓↓

まとめ

ご高齢の方など身体が弱ってきたご家族のために、ヒートショック対策はできるだけ早く講じたい大切な問題ですよね。
予算やどのような施工方法がてきしているかなど、気になることがあれば遠慮なくリフォーム業者に相談してみてください。
可能なリフォームで家の中の温度差を少なくして、ご家族の健康を守ってあげたいですね。

お問合せ

富士市のリフォームはスマイreformにお任せください!
気になったらこちらからお問い合わせください!

電話番号:0545-72-1015
↓↓メールでのお問い合わせはこちら↓↓

▶お問い合わせ◀