ブログBLOG

SEARCH

【富士市】床暖房で温まりたい!【リフォーム】

足元が寒く、エアコンをかけてもなかなか温まれない人もいるのではないでしょうか。足元からポカポカしてくる床暖房は、寒いのが苦手な人にとってあこがれの存在です。

しかし、床暖房には種類があり、それぞれ特徴や初期費用・ランニングコストが異なります。

さらに設置するときのフローリングによっても、費用が変わってくるので注意が必要です。

床暖房は決して安くありません。いざ設置するときには絶対失敗したくないですよね。

そこで今回は床暖房の電気式と温水式を比較して、ライフスタイルごとにどちらが適しているのか、そしてリフォームする場合の施工費用や隠れたデメリットについても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

床暖房は「電気式」と「温水式」の2種類がある

そもそも床暖房はなぜ温まるのでしょうか。
その答えは単純で床下にあたためる装置が付いているからです。
この装置には、
●電気を使ってあたためる「電気式」
●温水を使ってあたためる「温水式」
の2種類があります。

それとあまり知られていませんが、床暖房のフローリングの使用にも「分離型」と「一体型」が存在します。
たくさん種類があり難しいですが、一つ一つ紹介してきます。

電気式の床暖房とは

電気式の床暖房は、床下に通した発熱体に電気を通すことであたためる仕組みです。お部屋をあたためる電気ヒーターが、床の下に入っているようなイメージです。
この電気ヒーターにも「PTCヒーター」と「電熱線ヒーター」の2種類があります。

温水式の床暖房とは

温水式の床暖房は、床下に敷いた温水パネルにお湯を循環させることで温める仕組みです。
この温水式で見落としがちなのが、温水パネルを敷くだけではなく、お湯を温める機器も必要なことです。
具体的には、以下の2点を行わなければなりません。
●屋外に熱源機を設置する
●温水パネル内に送る配管を施工する

温水パネルの中に循環させる水は、寒さで凍ってしまわないように「不凍液」という特殊な液体を使います
そして、この不凍液を温めるのが「ガス」か「電気」かによっても、機器の種類が違ってきます。
たくさんあり、難しいですね‥。

床暖房のフローリングによって変わる

床暖房のフローリングには「分離型」と「一体型」という2種類の方式があります。これは電気式でも温水式でも同じになります。
分離型は床を温める発熱体と床材が分離しているタイプで、自由に床材を選べるメリットはありますが、導入するには新築時に床暖房を設置する場合か、大規模なリフォームを行う場合に限られています。
床材としては、フローリングの他、畳やカーペット、タイルなども人気です。
一体型は発熱体と床材が一体になっているタイプで、床材メーカー指定の数種類からしか選ぶことができませんが、その分簡易リフォームで導入できるというメリットもあります。

温水式と電気式を比較

電気式と温水式を比較してみると、コスト面では温水式の方が初期費用が高いものの、長期で考えると電気式よりも安くなります。
機能面では全体的に温水式がいいでしょう。

そうなると、「床暖房は温水式が良い!」と思うかもしれませんが、使う人のライフスタイルによって用途が違ってくるので、すぐには決められるものではないのです。

電気式と温水式の違いが分かると、「うちにはどっちが合っているの?」という疑問がわいてくるでしょう。
次は電気式、温水式がどのような家庭におススメなのかをご紹介していきます。
ただし、今住んでいるお家によって最適な床暖房は異なりますので、最終的には必ずリフォーム会社と相談してみてください。

「電気式」の床暖房がおススメな家庭

・家にいる時間が少なく使用頻度が低い
・初期費用を抑えたい
・部屋全体よりも部分的に温めたい
・屋外に熱源機を置けるスペースがない

「温水式」の床暖房がおススメな家庭

・家にいる時間が長く使用頻度が高い
・初期費用は掛かっても、ランニングコストを重視したい
・広い部屋全体を温めたい
・オール電化を導入している
・赤ちゃんやペットがいるので、安全性を重視したい

床暖房リフォームのデメリット

床暖房は、「足元から温まるので保湿性が高い」「エアコンと比べて空気が乾燥しない」というメリットがあります。
一方で、導入するにあたってはデメリットもきちんと知っておくといいでしょう。
初期費用が高額になりますので、後悔しないためにも事前にしっかり理解しておきましょう。

①メンテナンス費用が高い

床暖房の一番のデメリットは以下です
・故障したときの修理費用が高い
・メンテナンス費用が高い

修理費用については、たとえば温水式床暖房の熱源機が故障した場合、数十万円単位の費用がかかる可能性があります。
また、メンテナンス費用として代表的なのは、温水式で使う不凍液の交換費用です。目安としては10年ごとに全交換が必要になり、費用は5万円前後かかってしまいます。

②低温やけどのリスクが多少ある

電気式(電熱線ヒーター式)の床暖房の場合、接触面が44~45度と高温のため、長時間触れていると低温やけどをするリスクがあります。
特に赤ちゃんやペットがいるご家庭では要注意です。

心配な場合は温水式を選ぶことをおススメします。
温水式であれば温度は38度くらいまでしかあがりませんので、電気式と比べて低温やけどのリスクを抑えることができるでしょう。

③電気代やガス代が高くなる

床暖房を使い始めると、毎月の電気代やガス代が高くなることもデメリットと言えます。エアコンを使う頻度が減るケースもありますが、床暖房の使用状況によっては光熱費があがってしまうかもしれません。
この対策としては、電気を使う給湯器「エコキュート」を導入して、オール電化にする方法があります。
エコキュートで電気代が安い夜間にお湯を沸かし、そのお湯を温水式の床暖房に活用すれば、光熱費を下げることが可能です。

また、思い切って太陽光発電に切り替えるという選択肢もあります。
太陽光発電とエコキュートの相性が良いので、床暖房と合わせて効率的な運用が期待できます。
ただし、かなり大掛かりなリフォームになるため、十分なシミュレーションと複数の施工業者への見積もりが必要になりますので、注意してください。

④断熱性が低いとあたたまりにくい

床暖房を設置することで、足元から部屋をあたためられますが、そのあたたかい空気が外へ逃げてしまっては、断熱効果が薄れてしまいます。
断熱性が低い家の場合、床暖房を使っていても温かさが感じられず結局エアコンも併用して電気代が増えるという場合もあります。
床暖房を検討するときには、事前にお家の断熱性も見直しておくといいでしょう。

床暖房を住宅に取り入れて快適な冬を過ごそう

床暖房について、電気式と恩師意識の違いやリフォーム費用などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
もしかすると、床暖房のことを深く知った分だけ、さらに迷ってしまう人もいるかもしれません。
床暖房には、「これを選んでおけば大丈夫!」という正解はありません。
まずは、あなたやご家族のライフスタイルを考え、床暖房を導入するメリットと、コスト面での折り合いがつくかどうかを検討してみてください。

お問合せ

富士市のリフォームはスマイreformにお任せください!
気になったらこちらからお問い合わせください!

電話番号:0545-72-1015
↓↓メールでのお問い合わせはこちら↓↓

▶お問い合わせ◀